秋のマチ★アソビvol.17振り返り

日本全国から,そして世界中から約82,000人のアニメファンをお迎えして盛況のうちに終了したマチ★アソビvol.17,今回もコスプレステージに海外(台湾・中国)からゲストコスプレイヤー2組4人の参加がありました。
そんなコスプレイヤーの皆さんを中心にマチ★アソビを返りたいと思います。

まずは、マチ★アソビのご紹介から。
眉山山頂ステージ
マチ★アソビは、日本の徳島で毎年春と秋に開催されるアニメのイベントで、徳島のシンボルである眉山山頂や、新町川沿いにある“しんまちボードウォーク”、 阿波おどり会館やポッポ街、徳島駅周辺で、 各エンターテイメント関連会社や人気声優が一堂に会し、さまざまなイベントや展示が行われます。

vol.17では、定番のアニメキャラクターによる眉山ロープウェイガイダンス,業界関係者トークイベント,月刊ニュータイプとコラボしたアニメ大賞の発表と授賞を行う「Newtype × マチ★アソビ The Moving Picture Festival」,他にもライブやトーク,コスプレ,痛車展示など,数えきれないほどのイベントが目白押し。

また,恒例の徳島阿波おどり空港アニメジャックに加えて,JR徳島駅までアニメジャック。街中がアニメ一色に染まりました。
JR徳島駅アニメジャック

//———————————————————————-//

そしてご招待したコスプレイヤー4人のご紹介。
今回、コスプレ選手権に出場してくれたのは、
台湾からは紅月司(八乙女楽)さんと(九条天)さんのアイドリッシュセブンペア。
中国からは餐巾纸(趙雲)さんと小言(陸遜)さんの三国志ペア。
4人とも熱心なコスプレイヤーで、さまざまなコスプレコンテストで受賞した実力派。

それでは早速、二組が出場したマチ★アソビコスプレ選手権の様子ご覧ください。
台湾のお二人のステージは,「アイドリッシュセブン IDOLiSH7-TRIGGER(トリガー)Leopard Eyes(レオパードアイズ)」です。

続いて中国のお二人のステージは,「真・三國無双7 猛将伝」です。

お二組ともとてもハイレベルなパフォーマンスを披露していただきました。

さて、今回の二組の行程は、
10月8日(土)関西国際空港を経由して高速バスで徳島入り,9日(日)にマチ★アソビ開催中の徳島を満喫して,10日はマチ★アソビコスプレ選手権に出場,翌日に中国からのお二人には,外国人観光客にも人気の「にし阿波」を観光いただきました。4人とも徳島を楽しんでいただけたようです。

詳しくは,4人のSNSを日本語で紹介していますので,そちらをご覧ください。

台湾コスプレイヤー
紅月司さんのFacebookまとめ①
紅月司さんのFacebookまとめ②
紅月司さんのFacebookまとめ③

HさんのFacebook記事まとめ①
HさんのFacebook記事まとめ②
HさんのFacebook記事まとめ③
HさんのFacebook記事まとめ④
HさんのFacebook記事まとめ⑤

中国コスプレイヤー
小言さんのWeibo記事まとめ

餐巾纸さんのWeibo記事まとめ

マチ★アソビはパワーアップして今年も続いていきます。
毎年5月の第1週の祝日に開催される春のマチ★アソビは,町の中心を流れる新町川の橋の下に巨大なアニメ画を飾り観光周遊船で巡る「橋の下美術館」をはじめ,商店街のアーケードをコスプレイヤーたちが行進する「コスプレファッションショー」,有名声優が一日駅長を務め,記念切符の販売やセレモニーも人気のイベントで盛り上がります。もちろんトークショーやライブイベントも盛りだくさん。お楽しみに。

それでは,春のマチ★アソビ,徳島でお会いしましょう。